チワワの育て方

チワワの育て方、飼い方について、赤ちゃんの頃から子犬、成犬の寿命、性格、特徴的なところ、噛み癖や冬場には洋服を着せる必要があり、ロングコートチワワとスムースコートチワワもご紹介

チワワの育て方の注意点

チワワの育て方・トップイメージ

チワワは、子犬が成長して大人になると落ち着いて来ます。

チワワは子供のうちは、活動的に動きまわります。

高いところからも飛び降りたりしてしまう事もあります。

怪我をする事も多いので、注意してあげる事が大切です。

続きはコチラ  犬のしつけ講座

ロングコートチワワとスムースコートチワワ

チワワは、体毛の長さにより、毛の長いロングコートチワワと毛の短いスムースコートチワワの2種類に大きく分けることができます。

それぞれに若干育て方も違うところがありますが、それほど心配する事もありませんので、安心してください。

ロングコートチワワは毛が長いですが、もともと毛を切る必要はありませんので、トリミングもあまり必要はありません。

続きはコチラ  犬のしつけ講座

チワワの飼い方

チワワは、純血種の犬の種類の中では最も小さい犬種です。

チワワの運動量は元気に飛び回るイメージがありますが、多いとは言えない犬種になります。

体自体が小さいですので、体臭も少ないとても飼いやすい犬種です。

チワワの成犬は、子犬から比較すると運動量はさらに減り、いたずらをしたり遊びまわって育てるのが大変と言うこともありません。

このため、成犬になって落ち着いてくると、家に1匹で留守番をさせておいても、ストレスを溜めることも少ないです。

そのため、1人暮らしの方でも比較的飼いやすい犬種であると言えます。

続きはコチラ  犬のしつけ講座

チワワの寿命

チワワの寿命は、犬種の中では比較的高齢な部類で、15才以上というものもとても沢山います。

続きはコチラ  犬のしつけ講座

チワワの噛み癖

チワワは噛み癖がありますので、家の中の電気コードなども噛みたがります。

最悪の場合には、感電死につながる危険もあるので保護カバーをつけるようにする注意する必要があります。

保護カバーが出来ない場合には、チワワの目に付かないところに配線を隠すように予め注意してあげて下さい。

基本的に、電気コードなどもは、噛めないようにしておくようにしてあげて下さい。

また、タバコの吸殻や灰などによって、鼻に炎症を起こす事もありますので、チワワの届かない場所に灰皿などは置くように注意する必要があります。

続きはコチラ  犬のしつけ講座

チワワは洋服が必要

チワワは洋服が必要です。

特に、チワワは体も小さいために寒さに弱いので注意してあげて下さい。

気温の低い冬場には洋服を着せてあげるようにしたほうがいいです。

続きはコチラ  犬のしつけ講座

チワワの特徴

チワワの特徴は、とても育てやすいといわれています。

体力がとても強い犬ではありませんし、運動量がとても多い犬種ではありませんので、高齢者でも飼いやすい犬種と言えます。

また、遺伝子的に歯が弱く点があげられます。

食べさせるものに気をつけたり、歯磨きなど歯を注意してあげることが大切になります。

また、チワワの特徴は、体が小さく手足が細くて弱いので、遊んでいるときなどに骨折させないように気をつける必要があります。

自立心は強くて、さらに機敏ですが、飼い主に対しては、深い愛情をもっています。

愛想もとてもよくて、誰にでも好かれますので、高齢の方から若い女性まで幅広く人気があります。

続きはコチラ  犬のしつけ講座

チワワの子犬の育て方

チワワの子犬を初めて飼うときには、チワワの赤ちゃんで生まれたばかりのものではなく、体格などのある程度大きくなった、おおよその目安として生後2ヶ月以上の子犬を選び育てはじめと良いでしょう。

チワワの赤ちゃんは、伝染病の予防接種が効果を表すまで4ヶ月くらいかかりますので、屋内で運動するたけで言いです。

生後4ヶ月を過ぎ、予防接種が終わりその効果が出始めたら毎日の散歩に出かけても大丈夫です。

散歩をするとストレスが発散されますし、日光浴による体調の管理などもできますので、とてもおすすめです。

散歩を始めたばかりの時には、抱きかかえてあげて下さい。

6ヶ月ぐらいまでは骨格が安定していないので、散歩のときもリードを強く引っ張ったりしないようになるべくたわませた状態で散歩をするように十分に注意が必要です。

続きはコチラ  犬のしつけ講座